こゆきのぺぇじ

アクセスカウンタ

zoom RSS 胸が痛い・・・

<<   作成日時 : 2013/07/22 01:12   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

以前、うちから譲渡した猫が交通事故で死んだと連絡が来た。
交通事故・・・譲渡する際には完全室内飼いを約束してもらったはずなのに・・・である。

怒りというか、悲しいというか、空しいというか・・・。
代わりに怒ってくれる人や悲しんでくれる人がいて救われるけど、飼い主に対してより、自分に腹が立った。

きちんと約束を守ってくれる人を選んでいれば、失われずに済んだかもしれない命。
もっともっと完全室内飼いの重要性を理解してもらう努力が出来なかったのか・・・と思う。

寝る間を惜しんでとまでは言わないけど、手塩にかけて育てた「わがこ」だった。
もっともっと長生きしてほしかった。

病気になったり、不慮の事故など、譲渡した子全てが健康で長生きできるわけではないけれど、
可愛がってもらっていたし、自由奔放に生きられて、それなりに幸せだったのかもしれないけれど、
3歳・・・光の国に行くには早すぎるよ。

画像

胸が痛い・・・。

いろんな考えの人がいて、いろんな飼い方の人がいる。正しいとか正しくないとかじゃない。
みんな可愛がっているだろうし、大事にしてくれていると思う。
でもお願いしている事はたった4つの事。
室内で飼う(外に出さない)・避妊去勢手術をする・ワクチンなどきちんと医療を受けさせる・終生飼育する

都会で動物を飼うという事は、すでに「自然な状態」ではなく、ましてや猫は野生動物ではないのだから、
周りに迷惑をかけず、安全で安心できる空間を提供して、健康に気を配ってあげる事が大切なんじゃないのかな。
過保護にするって意味じゃないけど、飼い主として守ってあげなくちゃと思うのですが・・・。

譲渡した猫の運命は新しい飼い主次第。

この先、飼い主探しは気が重い・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
手渡すのは…胸が痛く勇気の居る行為ですよね…何度か保護した子猫を
里親さんに渡すとき…ドキドキでした。
そして今…モモズと暮らしていますが、彼らの安否がいつも不安です。
ミル丸が他猫と暮らせないので、お家に入れて上げられないのが
(子猫の時からなら可能だったのに、置いていかれた時に彼らは
6〜7歳になっていたみたいで。外猫飼いだったようですし)残念です。
ここら辺は車の通りが少ないし低速の車ばかりなので未だマシですが怖いです。
えくたくろむ
2013/07/22 02:05
外に居る子たちを見かけると、いつも「車に気をつけろよ!」と声をかけます・・わかんないだろうけど
せっかく助けた命
他の方に預けるのってホントに心配だと思います
自分より可愛がって面倒見てくれる人にしか渡せない・・そう言ってた保護主さんがいました
こういう話を聞くとその気持が良くわかります
タフィー104
2013/07/22 05:26
えくたくろむ様
外猫は良いか悪いかはともかく外での暮らし方を学習しているのだと思います。だから安心ってわけじゃないですけど、もともと外暮らしの猫を家に入れるのは違う意味で難しいですよね。
ウチから譲渡する猫は保護されてから外の世界を知らずに育ちます。家の中で楽に生きられる方法を私は教えて育てます。外で生きる術なんて知らなくて良かったはずなのに・・・そう思うと悲しいです。
こゆき
2013/07/22 08:44
タフィー104さま
100%安心して譲渡できる事はないと思うけど、どこまでハードルを高くすればいいのかなと考えてしまいます。やっぱり家を観に行ったりしないといけないのかとか、一戸建ての人には譲渡しないとか?まぁそういう事じゃないですよね。どこまで信頼できるか、なんだけど…判断は難しいです…。
こゆき
2013/07/22 08:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
緊急災害時動物救援本部
胸が痛い・・・ こゆきのぺぇじ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる