こゆきのぺぇじ

アクセスカウンタ

zoom RSS 肝が冷えた・・・

<<   作成日時 : 2012/06/19 00:28   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

ユリは猫にとっては有毒な植物という事は十分承知していたのですが、親がユリの花が好きでけっこうよく飾っているので、花粉が落ちないようになるべく早めにオシベは取る様に注意はしていました。しかし、今まで我が家の猫はユリの葉っぱとかを齧る事はしなかったので、ちょっと油断していたら・・・。

チャーが花瓶の前で何かを齧り苦々しい顔をしているではありませんか・・・。ゲッと思って口を開けたが何も無く、花瓶の中にあった1本のユリの葉っぱに齧られたあとが・・・。果たしてどの位食べたのかが分からず、とにかく吐かせたほうが良いだろうと院長に電話して、薬剤をどのくらい飲ませたら良いか確認。
だがしかし、その薬剤は我が家には無く、おまけに夜の10時を過ぎてお店も開いているわけは無く・・・。仕方が無いのでチャーをキャリーに押し込め、病院まで走りました。

病院に着くちょっと前に院長から「どうなった?」と電話が・・・。「薬品が家に無かったので、今病院に向かっています」というと「じゃぁ行ってあげるよ」と心強いお言葉・・・(涙)。
院長が来る前にとりあえず10cc薬を飲ませ、ケージに入れ様子を見ましたが、一向に吐く気配なし。
院長が病院に到着し、「じゃぁもう10cc飲ませよう」と飲ませてみてもまるで変化なし・・・。

画像

ゴハンも食べたばっかで胃も空っぽじゃないはずなのに、たまにゲフッと言う位で吐きゃしない・・・。

仕方ないので今度は静脈に直接注射。それも7kgの犬を吐かせる量を入れたのに、これも変化なし。
なーぜー吐ーかーなーいー。

ユリはどの位の量を摂取したら中毒になるというのが分かっておらず、体についた花粉を舐めただけで腎不全になって死に至る例もあるらしく、お願いだから吐いてーと祈りましたが、もうこの時点で食べてから1時間は経過してしまったので、なるようにしかなるまいと諦めて、皮下点滴をして連れて帰ることにしました。

自分の猫で院長に夜間診療をさせてしまうなんて、ほんとサイテー。

もしかしたら帰りに揺られてキャリーの中で吐くかも・・・といろいろゲロ対策の用意して帰りましたが、親の心子知らず・・・帰りはキャリーの中で爆睡していました。

画像

夜の間も気が気じゃなくて私はなかなか寝られなかったのに・・・当の本猫は・・・。

翌朝、とりあえず排尿は確認でき、ちょっとホッとしましたが朝ごはんは半分残し。まぁ昨日薬飲ませたせいもあるだろうとは思ったものの、やはりドキドキで病院へ。念のため血液検査で腎臓の値を確認したところ、特に腎機能は問題なさそうなので良かったのですが、けっこうな量の皮下点滴をしたのに、あんまりオシッコをしていないため、体重が200g近くUP。
皮下点滴のせいと思ってはいるものの、もしかしたら浮腫んでいるのではないか???と悪い事ばかりが頭をよぎり、また出して欲しいと思っている時に限ってチャーはオシッコしないんだから・・・(前に旅行に連れていった時もそうだった・・・)

・・・と散々心配をさせてくれましたが、とりあえず本日はすっかり普通に戻りました。

画像

今回は、食べるかもと分かっていて危険なものを置いていた飼い主が悪いんですが、しかしまぁ、本当にチャーは何かを食べて命を落とすかも・・・と改めて思いました。ユリに限らす危険なものは沢山あるし、100%危険から遠ざける事はできないけれど、もう少し考えなくてはと反省。

画像

でも君ももう少し慎重になろうよ・・・ね。(ちなみに当たり前ですが、チャーに反省の色はなし。がっくし。)

皆さんもユリの花には気をつけましょう。ユリだけじゃないけど、中毒は怖いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
びっくりしました@@
ちゃーちゃん無事でよかったです
ゆりはそんなに毒なんですか?
知らなかった、恐ろしい!
以前ポトスが家にあった時、かじろうしてて焦った事あります
飼い主が気をつけなきゃいけない事、ありますね
元気そうで安心しました^^
タフィー104
2012/06/19 05:35
タフィー104さま
猫にとって有害な植物はいっぱいあります。でも中毒を起こす起こさないは個体差もあるのでねー。でも万が一、最悪なケースを想定して対処しなくてはね。ほんと、何事も無くて笑い話になりそうで良かったです。
こゆき
2012/06/19 21:43
チャーさんよぉ・・・どうして、そんなトホホな猫なのだヨ。
まぁ、コグも3階から飛び降りて心配をお掛けしたのでチャーさんの事は言えないのですがね。とりあえず、無事で何よりです。
よく考えれば、公園にもユリは植えてあるけど今まで意識した事無かったです。それこそ、花粉が体についた後にグルーミングだってしているはず。人間のアルコール中毒と同じで個体差があるのかな?それとも外生活で免疫ができているのか??蛙とかカナブンを平気で食している猫たちだからなぁ〜・・・こっちの方がトホホな猫かも。
しまじろう
2012/06/19 22:13
しまじろう様
本当にチャーはトホホな猫ですよ。でも確かにコグオも3歳頃まではいろいろやらかしたから、3歳過ぎればチャーも普通の猫になるかも!?
個体差あるんですかねー。玉ねぎ中毒もチョコレート中毒も、全然平気な子もいれば少し食べても重篤な症状起こす子もいますしね。でもまぁ危ない物は摂取させないに限る・・・反省反省です。
こゆき
2012/06/19 23:07
チャーさんご無事でなによりです。「不出来な子程可愛い」とはよく言ったものですね!ユリの花、気を付けますです。
パメラ
2012/06/19 23:48
パメラさま
ホントーにバカな子ほど可愛い・・・。しかしこれから先何をやらかしてくれるのか、心配は尽きません(苦笑)。
こゆき
2012/06/20 21:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
緊急災害時動物救援本部
肝が冷えた・・・ こゆきのぺぇじ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる