こゆきのぺぇじ

アクセスカウンタ

zoom RSS 役割

<<   作成日時 : 2010/06/30 23:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

猫ボランティアの役割ってなんなんだろう?って最近思います。
ウチの会は最初は「地域猫活動をすすめる」がわりとメインになっていましたが、
基本的には「適正飼育をすすめる会」であり、飼い猫もノラ猫もルールに沿った
周りの人の迷惑にならない飼い方を広めるためのボランティアの会です。

ですが、一般的には「猫の事で困っている人のために何かしてくれる団体」のように
思われているのか、ふつうの猫ボランティアはそういうものなのか、相談を受けた時に
「自分たちで立ち上がって、何とかしたいからアドバイスを!」という人の為には手を貸しますが、
「代わりに何とかして欲しい」「とにかく手伝いに来て欲しい」という場合は手助け出来ません
・・・というと、大変驚かれます。そして時には非難される。

しかしこの活動を10年やってきて思うのは、本当にどうにもならないケースは別にして
「やり方」をアドバイスするだけで何とかなってしまうケースがほとんどなのです。
多くの場合は「できない」ではなく「やりたくない」「やり方が分からない」ようです。
仔猫の譲渡者探しにしても、ノラ猫の不妊去勢手術にしても、代わりにやってあげるのではなく
当事者に多少手間暇やお金がかかっても、自分の力で解決してもらった方が、
すぐに結果は出ないかもしれませんが、良い結果にはつながるような気がします。

だって、手を出してしまえば、相談者はいつまで経っても自分では出来ないままですが
譲渡者探しも不妊去勢手術のための捕獲も、一度やれば経験者になるわけですから
次に同じような事がおきても冷静に対処できるでしょうし、大変さを身に染みて分かっているから
同じ事を繰り返さないように気をつけるし、周りの人に対してもアドバイスできる存在になるわけです。
それが代わりにやってあげると大抵が「あそこに相談すれば何とかしてくれる」になってしまうので
ボランティアさんの負担は一向に減らないままになってしまいます。

実際に横浜市の猫引取りのシステムでも、最初に福祉保健センターに相談の電話が来た時
電話を受けた人が「不妊手術のこと、仔猫の育て方の事、譲渡者さがしの事」等を上手に説明すると
「とにかくすぐ処分」ではなく、考えて「ちょっとやってみる」という事に繋がっているようです。
だから指導・アドバイスって本当に大切なんだと思います。そういう事が出来るボランティアさんも
今後は必要になっていくのだと思います。
肩代わりは、その人やその地域の猫のためにはならないし、結局は周辺の人にも「地域猫活動」
としてのルールに沿ったエサやりということが伝わらないですよね。

もちろん、どうにもならないケースもあります。認知症の高齢者が猫を飼って増やしてしまい、
本人が施設に入る時に猫をどうするかが問題になるケースは増える一方です。
しかし、最近よくある「年金生活で自分の生活はギリギリなのに、猫のエサだけはやめられず、
でも手術までは手が回らない。」というものは、一見大変で可哀そうな気もするけれど、
見方を変えれば、まだまだ猫にエサをあげる余裕があるっていう風にも取れます。
だって、1匹のメスを手術すれば仔猫は生まれないのに、その費用は高いから出せないと言って
手術をしないで何匹にも膨れ上がった猫のエサ代はトータルで何万になっても出せる・・・。
これってどうなんだろう?といつも思います。

そういう人にエサを与えられて増えてしまう猫は不幸だし、手を貸して(お金を出して)一度に
手術をしてしまえば新たな猫は増えないかもしれないけれど、エサを与える人の意識・やり方が
一向に変わらなければ、時が経てばまた同じ事の繰り返しになってしまいます。
手を貸してあげなければどうにもならない時もあるけれど、ある程度の見極めはしなければ
いけないのかなぁと思います。

海外のアニマルポリスやシェルター施設のように、設備も人も充実しているならいざしらず
一介のボランティア団体なんて、ほとんどが会の運営すら少人数で何とかまわしている状態だと
思うのに・・・。ほんと、他の猫ボランティアの人の働きには頭が下がります。
いろんな所に出張できる実働部隊は、相談を受けた時は欲しいと思う事もあるけれど、
「地域猫活動」の概念から言えば、猫がいる地域の人が声を上げ、力を合わせて問題解決し、
その後その地域の猫を管理していかなければ、本当の意味で猫トラブルの解決にはつながらないと
思うので、ウチはウチのやり方で地域社会に対する役割を果たしていければいいと思います。

あくまでもボランティアなんだから、活動に責任はあるけれど、出来る範囲でやらないとね。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
緊急災害時動物救援本部
役割 こゆきのぺぇじ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる