こゆきのぺぇじ

アクセスカウンタ

zoom RSS FUS注意報

<<   作成日時 : 2009/01/27 00:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

FUSとは猫の泌尿器症候群のことです。
最近では猫の尿石症と合わせてFLUTD(猫下部尿路疾患)とも言われています。
いわゆる膀胱炎(血尿・排尿困難・頻尿)や、部分あるいは完全な尿路閉塞(尿閉)などです。

年末あたりから膀胱炎の猫は増えていましたが、ここのところ尿道が閉塞し、尿が2日近く出ていない
状態の猫が入れ替わり立ち代り入院しています。
尿が2日以上出ず、膀胱内に停滞すると、急性腎不全を引き起こし、尿毒症となります。
尿毒症になってしまった場合、放置すれば脱水、嘔吐、低体温、虚脱、昏迷などをへて死に至ります。

この病気は何よりも早期発見・早期治療が大事です。
手当てが遅れれば遅れるほど腎臓に負担がかかり、命の危険に曝されます。
何とか助かったとしても長く入院や通院をして治療をしなければならず、医療費もばかになりません、

ですから、なんとなくいつもと違う様子(トイレに何度も行く、トイレに座っている時間が長い、
尿が少ししか出ない、尿が赤い、元気がない、食欲がない、お腹を触ると怒る、吐く・・・)が見られたら
早めにかかりつけの病院に相談してください。
トイレで踏ん張る姿を見て便秘と間違える飼主さんも多いですので気をつけましょう。

何の病気でも早期発見・早期治療は基本ですが、おしっこ関係の病気は様子を見ていても
ろくな事にはなりませんので、本当に注意してください!

尿路結石(結晶)とかが普段みられない、膀胱炎(血尿とか頻尿とか)を繰り返す猫でも
尿路閉塞の危険は常に付きまといますので、「結石(結晶)はないから大丈夫」などと思わずに
ご用心ください!

画像

膀胱炎は辛いっすよ。

尿路閉塞になった猫の、膀胱に溜まったオシッコは、まさに赤ワインと思うような色になっちゃって
腎臓も悪くなり、電解質のバランスも悪くなり、膀胱の出血で貧血にもなり、ホント大変なんです。
だから、おかしい!と思ったらすぐ病院へ。
かかりつけの病院が休みの日でも、別の病院に連絡して指示を仰いで下さいね〜〜〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
うちのニャンコも以前梅雨の時季に2年続けてFLUTDなったことがありました。今は大丈夫ですが尿のPHで色が変わるネコ砂を使っています。
それにしても動物病院ってどうして一斉に木曜日が休みなのだろう?
スケッチブック
2009/02/01 11:38
横浜では多くが日曜休み、あとは水曜とか木曜休みかな。
水曜とか木曜は比較的来院数が少ないの(ヒマなの)で
お休みにするところが多いのかも。
今日もまた膀胱炎の猫がやってきました・・・皆さまお気をつけ下さい。
こゆき
2009/02/02 23:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
緊急災害時動物救援本部
FUS注意報 こゆきのぺぇじ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる