こゆきのぺぇじ

アクセスカウンタ

zoom RSS 1生1度の1日を

<<   作成日時 : 2008/12/31 01:27   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

今年は4年ぶりにみゆきさんの夜会を観に行きました。
夜会に関してだけではないけど、年々チケットが高額になってきてドヒャ-って感じ。
昔は2500円くらいでコンサートとかも行ったような気がするんだけど・・・(いつの昔だ?)

まぁ舞台装置とかミュージシャンとかがどんどん豪華になってきているから
仕方ないといえば仕方ないんでしょうが、あまりに高くてそうそうヒトを誘えなくなってしまいました。(苦笑)

今年の夜会のテーマは『「安寿と厨子王」のその後物語』。そして「もしもあの時、あの一晩があったなら」
・・・
伝えたい事が分かるような、分からないような。私にとってはやや微妙〜な夜会でしたが。

今生で成した事は全部、「リセット」などされずに「次の生」へと連なっていくのかもしれない。
と、みゆきさんは書いています。
「リセット」って、何もかもを断ち切って、何もかもを忘れて最初からやり直しって考えると
良いような気もしますが、反面、何もかもを無くしてしまう怖さも感じますね。

悪い事や辛い事は全て忘れてやり直したい、そんな気持ちは誰にでもあるでしょうが
因果はめぐるというか、結局リセットなんかされずに、今生でなくともまた自分に戻ってくると
そんな風に考えたら、「死んだら嫌な事から開放される」なんて思わなくなるかも?

そんな単純な話ではないんでしょうが。
でも死んでゼロになるのでもなく、また来世に連なっていくのであれば、
せめて恥ずかしくないお土産を持って生きたいものですね。

さて、もう一度『山椒大夫』読み返してみようかな。

※※※

画像

           きたろう

画像

           ビー・ニー・ルー

画像

              ぷるる
画像

              みけこ

画像

           ニッチ・ナッチ・ノッチ

画像

           はまぐり
 
山椒太夫のような悪い人に、お母さん猫から引き離されたしまった仔猫たち。
今年病院で育て、新しいお母さんとめぐり合えた仔猫たちは10匹でした。
この数を多いとみるか、少ないとみるか。

幸せに出来る数は多い方が良いけれど、できれば来年は悲しい(捨てられる)数は少なくなりますように。

どうか皆さま、良いお年を。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こゆきさんのところにやってきたニャンコ達は、捨てる様な人の元にいるより、ちょっとの間は辛いけど幸せになる道を選んでいたのですよ。きっと(笑)
今年一年本当にありがとうございました。
良いお年をお迎えください。
スケッチブック
2008/12/31 19:30
若いお嬢さんから因果報応(厳密にはチョット違うかも?)また輪廻転生が分かり易い表現で語られており驚きを覚えました。
動物達の命を扱うお仕事をされているからかこうも真剣に向かい合っていらっしゃることに爽やかさを感じます♪(←未来はそぅ捨てたもんじゃないナ!)
新年おめでとうございます。 いつも可愛い子達の近況を載せて頂き楽しく拝見しております。
e自由人
2009/01/01 01:26
あけましておめでとうございます
昨年も、にゃんこの保護活動や里親さん探しなど、本当にご苦労さまです。我が家にも一匹いついてしまって、もしかしたら、家族になるかもしれません。なんとか引き受け手をと思ってはいますが、なかなか見つかりません。シャイでおとなしい猫です。可愛いんですけどもねえ、むずかしいです。
みなさまにとって、よい一年でありますように。
むっちゃん
2009/01/01 01:36
スケッチブック様
こちらこそ昨年中はありがとうございました。
本当に彼らは「ラッキーキャット」なのでしょうね。
今年もよろしくお願いします。
こゆき
2009/01/01 15:35
e自由人さま
明けましておめでとうございます。
もう若いお嬢さんじゃないですけどねー(笑)
動物たちの「生きよう」という姿を見るにつけ、
人間の弱さを感じずにはいられません。ホント
見習わなきゃならない事が多いです。
今年もよろしくお願いします。
こゆき
2009/01/01 15:39
むっちゃん様
あけましておめでとうございます。
それは例の猫ちゃんなのかしら?
タモン君の弟(妹?)分になれるといいですね。
今年もよろしくお願いします。
こゆき
2009/01/01 15:42
あけましておめでとうございます。
このお正月休みに、こゆきさんのブログをじっくりと読ませていただきました。
きたろう君やぷるるちゃんがどんなに大切に育てられてきたか、
そして彼らがどんなに幸運な子たちだったのか、
読んでいて涙が出そうでした。
こんなに無防備に寝ているきたろうがカラスの餌食になるところだったなんて。
隠れて動かないことが多いせいか最近めっきりぷっくらとしてしまったぷるるが、あんなにちっぽけだったなんて。
思えば里親なんて、そのように保護されて一生懸命育てていただいた子を持って行ってしまうお気楽な立場なんだなあと考えさせられました。
こゆきさんたちのご苦労や思いを知ってしまったからには、
うちの家族になった子たちが幸せな一生を送れるようにすることが私たちの役目だと心にしみます。
でも可愛らしい時期を一緒に過ごせたのはうらやましいな
きたぷるママ
2009/01/03 00:43
きたぷるママさま
明けましておめでとうございます。
本当に彼らは「ラッキーキャット」なんだと思います。
私達にラッキー(幸福)を運んでくれる存在でもありますね。
里親さんが「お気楽な立場」なんて事は全然ありませんよ。
譲渡する時にお話したかもしれませんが、私は適正飼育が出来る「よい飼主さん」が増えていく事が、捨てられる猫を減らせる方法だと思っています。
ですから里親さんは私達の「大きな期待」を背負っているんですよ(笑)。
でも確かに一番可愛い時期を過ごせるのは保護者の特権かも。これがあるから子育ても続けていけるんでしょうね(笑)。
こゆき
2009/01/03 15:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
緊急災害時動物救援本部
1生1度の1日を こゆきのぺぇじ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる