おだやかな時間

2007年7月3日、病院の居候猫キィちゃんが永眠しました。
発病してから約1ヶ月・・・チャスケの死から2週間でした。

居候猫も高齢化し、1匹1匹と亡くなっていくのは仕方が無いことですが
猫舎がだんだんガランとし、ゴハンの支度のときに並ぶお皿が少ないと
本当に寂しい気持ちになります。
一番多い時には13匹くらい居ましたからね・・・。

みんな若くてたくさん居た時は、なんとなく一緒くたの扱いになりがちですが
年をとり、病気をして、看病・介護が必要になってくると手をかける時間も
(あたりまえだけど)多くなるので、最後のひと時を向いあう、そんな気が
します。

飼い猫に比べれば本当に少ないけれど、最後の大切な時間なんだなと思います。

キィちゃんとの最後の時は、本当におだやかな時間でした。
病気で体が辛くない訳はないと思うのですが、見たかんじにはグルグル喉を鳴らして
なんとなく、我が家のちび丸の最後の時を思い出しました。

亡くなった時もまるで眠っているような姿だったキィちゃん。
今はきっと光の国でみんなと再会していることでしょうね。
最期までそんなおだやかな時間をくれたキィちゃん、ほんとうにありがとう。

画像


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック