こゆきのぺぇじ

アクセスカウンタ

zoom RSS 地域の迷惑人

<<   作成日時 : 2006/08/18 23:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

地域猫活動推進・・・といっても、私自身はノラ猫のエサやりはやっていないのですが、猫にエサをやる人=悪い人とは思いません。ただし、「ただ猫にエサをあげるだけの人」は悪い人とまでは言わなくとも、とても迷惑な人だと思います。

よくいう「困った猫おばさん」とは、手術による繁殖制限もせず、エサもやりっぱなしで片付けず、排泄物やゴミなどで周りの人が迷惑をしても、「かわいそうだからエサをやる」「私の飼っている猫じゃない」「生きているんだから仕方ない」などという人なんじゃないでしょうか。
また最近は通りすがりにエサをばら撒いていくような人も増えています。

そういう人と話をしたことが無いから実際のことは分かりませんが、どんな気持ちでエサをやっているにせよ、手術もせず・片付けもせず・トラブルに対する対処もしない「責任感の無い人」の行動は「地域猫活動」ではなく「地域の迷惑」以外の何ものでもないと思います。

今日、手術もせず猫を外出自由にしていてどんどん猫が増え、挙句にトラブルになって猫を置いて引越した人から相談の電話がありました。
現在は知り合った「猫にエサをあげて歩いている人」に頼んで、エサは与え続けてているようですが、最近噂で毒エサをまかれるとか保健所が捕まえに来るとかいうから猫を一時避難させたい・・・とのこと。
これだけ聞くと猫に罪は無いのだからなんとか手を貸してあげたい・・・という気持ちにならなくも無いでしょう。でもこの人は過去に何回か電話で相談してきて、そのたびに「まずは手術をしてこれ以上増えないようし、仔猫は里親探しをしましょう」と言うのに、「手術はかわいそうで出来ない」「仔猫は知らない人には渡せない」などといい、挙句の果てに「猫牧場みたいに預けられるところは無いかしら?」と言う人なのです。

最初の頃は本当に心配して出来る限りいろんなアドバイスもしましたが、猫を所有している本人が何もせず「何とかして欲しい」と他力本願ではね。「危機的状況」と言うけれど「誰が危機的状況にしているんだ!!」と怒り爆発です。
で、今回も結局は「地域猫活動の進んだ場所なら猫をしばらく面倒見てくれるのでは」と、預けるといいつつ猫を捨てる気でいるのですから、あきれ返ってしまいます。

長々話をしていくうちに、あまりに進歩が無いのでイタズラ電話なのか??と思う今日この頃ですが、本当に猫を捨てたらどうしよう・・・まだ手術も完全に済んでいないのに。(と言っても手術済みの猫もその人が手術したのではなく、周囲のボランティアがやってくれた結果らしいけど・・・。)
自己中心的というか考え無しというか・・・事の起こりが「かわいそうだから」という責任の伴わない同情心だったから、まったく自分の行為に対する罪悪感は無いんでしょうね。そしてまた新しい土地でも同じ事を繰り返すのでは・・・と思うと頭が痛い。

こういう人はどういう風に対処したらいいんでしょう・・・。ほんと困ります。
また眉間にシワが増え、白髪が増えて、私の人間不信に拍車がかかるのでした。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
例のあの方ですかねぇ。地域猫活動の場所=捨て猫場になるのはこういう人が多いからなんですよね。それにしても今年はヒドイ!7月31日の紋次郎に始まり、8月2日 ジャク、8月7日1匹(行方不明)、8月9日 キム&タク、他1(推定死亡)、8月16日 袋詰2匹、本日 1匹(発見者持ち帰り?)ですもの。有料ボランティアならいざしらず、個人負担となると、そんな簡単に「ハイ、何とかしてあげますよ」って訳にはいかない。毎日の餌やりに、市の助成が始まれば手術の為の捕獲、里親探し・・・悠々自適に余裕を持っているならいざ知らず、自給800円で頑張って餌代稼いでる私にこれ以上何を求めるんでしょうかねぇ〜。冷酷なようだけど「無理なものは無理!!」って、はっきり割り切らないと活動自体が続かなくなります。はっきり言って、「あそこに捨ててもボランティアさんは何もしてくれない!」って言う噂が広まってくれた方がずーっと得策だと思いません?
迷惑を掛ける人は迷惑掛けっぱなし、迷惑を被る方はずーっと迷惑を被り続けているなんて 絶対 変!迷惑人は自分が迷惑人だという自覚が無いところが一番の問題なんですよね。

しまじろう
2006/08/18 23:47
餌やりをするだけの無責任なひと、困りものですよね。
わたしの勤務先の餌やりさんたちも全員がそうでした。中には20年以上も餌だけやってたおじさんがいましたからね。企業が理解を示してくれて、100匹近い猫の手術を終え、今年の春以降子猫の姿を見かけることはありません。大変な道のりでしたが、不幸な命の誕生を防げて本当によかったと思っています。
ニハキのママ
2006/08/19 20:21
しまじろう様
そうです。例のあの人です。公園猫が急に増えたら、その人が犯人かもしれません。冗談じゃないけど。
世の中の人は猫1匹里子に出すのにどれだけの労力と費用がかかるか分かってないですよね。なんか「変わった人」を通り越して「病んでる人」が増えつつあるようで怖いです。
こゆき
2006/08/20 00:14
ニハキのママ様
「知らない」と言う事は時としてものすごく罪な事なんだなって思います。そのエサやりの方が「手術をすれば猫は増えないし、健康的に長生きできる」という事を知っていれば大事にならずに済んだはずですよね。
でも100匹とまでは行かなくても、個人でエサやりをして1匹が気がつけば5匹に・・・なんてケースは山のようにありますから。
ニハキのママさんの勤務先が理解のあるところで本当に良かったです。
こゆき
2006/08/20 00:20
「野○猫日記」というサイトである日一匹の猫にエサを与えてから、周りの猫も集まりだし、その猫が子供を産んでどんどん増えているのを見て、複雑な気持ちになりました。
世の中の猫好きさんはこういう方ばかりなのでしょうか。
とおりすがり
2006/08/24 17:00
とおりすがり様
「世の中の猫好き」が全てこう言う人では無いと思います。猫をどんどん増やしてしまう人というのは、結局はエサをあげる行為の先にどういった事が待ち受けているのか、(エサを与える=猫が栄養をつけ健康になる=繁殖能力がつく=仔猫を生む=不妊手術をしないでいる=どんどん増える=近所迷惑になり問題化する。)そういった事は何も考えていないんでしょうね。結局は無責任な愛情しか持たないゆえに問題が大きくなる事は多いです。
でも例えば周りの人や動物病院にちょっと相談して、手術の有効性とか、エサをあげる上でのちょっとしたルールなどを知り、誰かが何とかしてくれると思わずに、自分で行動をおこす事が出来れば、解決できる問題なのだと思います。
こゆき
2006/08/24 22:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
緊急災害時動物救援本部
地域の迷惑人 こゆきのぺぇじ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる