こゆきのぺぇじ

アクセスカウンタ

zoom RSS ひと山越えて

<<   作成日時 : 2015/11/05 23:32   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

いろんな意味で怒涛の10月が過ぎ、今年も残すところあと2か月ないしー。早すぎる・・・。
コグやハムの体調管理でこっちが具合悪くなりそうでしたが、やっと少し落ち着いてきました。
やっぱりストレスのなせる業だったのか首から肩にかけての痛みも憑き物が落ちたように痛くなくなった。

コグオはホルター心電検査は諦めて、不整脈の薬を調整したら落ち着いてきて、落ち着いた状態で
ふつーの心電図検査をし、その結果を代診の先生の知り合いで、猫のペースメーカー手術などもしている
広島で開業している先生に診てもらったところ、3度房室ブロックに移行しているのではと言われました。

猫では3度房室ブロックで心拍数が減少(正常時の半分くらい?)しても、犬と違って生きていけるらしいので、
もしかしたらこのまま発作が起こらなければ、ペースメーカーを入れなくても何とかなるかも?!
なーんて期待しつつ、ドキドキしながら毎日を過ごしています。

とりあえずエコーでも心臓の機能に異常はなく、一時期に比べ不整脈も少なくなってきたかな。
心電図検査の時は心拍が140回/分から70回/分に急に変わったりしていましたが、ここのところは
割と一定のリズムでちゃんと働いているようです。

画像

不整脈の薬が効いているのか、ダメもとで始めたレスキューレメディ―効果なのか分りませんけどねー。

画像

ハムちゃんはACE阻害剤を増やして失神する事はなくなったけど、何となく痩せてきたなーと思い
血液検査をしたら、電解質のカリウムが8.3まで上昇。点滴を生食に変え、しばらく毎日点滴したら
なんとか5.6まで下がったので、このまましばらく毎日点滴かな・・・。
まぁまぁ食べててくれているけど、これまた綱渡りな感じです。

画像

チャーとゴマは相変わらず。下にペットヒーターがあるので一応シェアしてるのか?

画像

バザーで猫用こたつを買ってあげたら大好評。

画像

上もあったかいからチャーが・・・。

画像

そういえばキタローの寿命が来るまでに鳥かごの寿命が来てしまい、新しいカゴを購入。
ちょっと天井が低かったー。

画像

でもこれでチャーよけに買ったサイドテーブルが役に立ちそう。(本来の使い方とは違うけど)

なんとか山一つ越えた感じなので、このまま平穏無事に年越しまで行きたいなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして。
獣医師 ホスピスでぐぐってこのページにたどり着きました。 kvnといいます。現在、獣医学生をしています。

かなーり前の記事についてなんですが、動物ホスピスの記事を読んで、質問させてもらいたくなったのですが、よければお答えして頂けませんでしょうか??
僕の住んでる地域や、自分の検索力からはどうしても終末期動物医療に関する勉強会? とかボランティアとかに辿り着けません...
よければ何かオススメのものなどあれば教えていただきたいです>_<

いきなりこんなこと頼んでしまい、申し訳ありません。 良ければよろしくお願いします。
kvn
2015/11/09 18:48
Kvn様
初めまして。ご質問いただいた件なのですが・・・
獣医ホスピスケアのセミナーは、以前院長が所属している「けやき臨床研究会」のセミナーに参加したものです。講師は山下眞理子先生だったかな。
最近ではホスピスケアというかグリーフケアのセミナーは多く開催しているようです。阿部美奈子先生がセミナーとか雑誌の執筆とか主にしているようです
⇒ http://grief-care.net/
ボランティア関係はちょっとわかりません。最近では老犬ホームとかも増えてきましたが、ホスピスとはまた違う感じですね。
こゆき
2015/11/10 00:24
こゆきさん、ご無沙汰しております。サスケくんと同じリンパ腫の子の母です。先般はアドバイスいただきありがとうございました。
うちの子ですが、慢性胃炎の悪化かリンパ腫かで胃の壁が厚くなっており食欲が廃絶してしまいましたが、膵炎もあるようなので高脂肪のご飯があげられない状況だ、体重がどんどん落ちています。
以前低脂肪高カロリーの液体ご飯について書いておられたことを思い出しました。
よろしけれは詳しく教えていただくことはできますでしょうか。
お手数おかけし申し訳ございません
詩織
2015/11/26 07:51
詩織さま
こんにちは。猫ちゃん食欲と体重が減少ですか…心配ですね。
サスケが最後に使っていたのは ビオ・ベテリナリーキャットです。
http://www.zenoaq.jp/product/pdpost_27.html
自分からは飲んでくれなかったのでシリンジで強制給餌でしたが…。
サスケはあまり下痢嘔吐がひどくなく、また強制給餌で食べさせていたのにもかかわらず、体重減少、低蛋白、貧血が改善しませんでした。コバラミン欠乏症になっていたのか、リンパ腫の末期で仕方なかったのか、今でも考えてしまいます。
詩織さんの猫ちゃんが少しでも食べて、改善してくれますように…。
こゆき
2015/11/26 15:56
↑追記
ビオは低脂肪なんですが、高カロリーではないんです。でも必須なビタミンなどは含まれているので、それだけですべてオッケーというよりは補助的に使ってください。サスケもビオと他のペースト状の介護食(一般食)やチュールなども与えていました。
こゆき
2015/11/26 16:17
こゆきさん、お忙しい中のアドバイス、本当にありがとうございます。
ビオ、さっそく買い求め、あ薬と一緒にあげています。強制給餌のidでまかないきれない栄養が取れたらいいなあと思います。
発病から一年、経口の抗がん剤とお薬がそろそろ限界かもしれなくて、でも、医療としてまだまだしてあげられることがあるのか、それとも末期に近づいているのか、見極める時期が来ているようで切ないです。
動物医療の最前線で、同時に猫ちゃんたちのママであるこゆきさんの視線に、たくさん学んでいます。
いつも本当にありがとうございます。
詩織
2015/12/08 00:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
緊急災害時動物救援本部
ひと山越えて こゆきのぺぇじ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる