こゆきのぺぇじ

アクセスカウンタ

zoom RSS 勉強会のお知らせ

<<   作成日時 : 2014/08/20 01:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

横浜市地域猫連絡会勉強会Vol.9
人と猫とのくらしを支えるために〜『ペットのための信託』『高齢猫の介護』から考える〜

【日時】2014年10月5日(日)13時〜16時

【会場】横浜市市民活動支援センター 4階 ワークショップルーム

【企画趣旨】

「地域猫」でも飼い猫でも、動物を飼育する際には、「終生飼養」、つまり、その動物が
天寿を全うするまで飼主が責任を持つことが求められています。しかし、飼主と猫、双方
の事情により、飼育が困難になってしまう事態が生じてしまうことがあります。

飼主の「もしもの時」に備え、「次の飼主」を確保するための方法の1つとして、近年、
関心が寄せられているのが、『ペットの信託』です。また、猫の「もしもの時」に考えなけ
ればならないのが、苦痛に対する配慮を込めた『介護』のあり方です。

今回の勉強会では、人と猫との「もしもの時」の備えについて、『ペットの信託』と『高齢
猫の介護』の2つの視点から、議論を深めていきたいと考えています。地域の動物問題に
関わる方々、ペットを飼育されている一般の方々をはじめ、多くの方にご参加いただけれ
ばと思っております。

【プログラム内容】

【話題提供】
(1)『ペットのための信託』とは何か?
 山口 貴之 氏(山口行政書士事務所)
 
(2)高齢猫を優しく介護するために
 武部 正美 氏(武部獣医科病院)

【パネルディスカッション】
人と猫とのくらしを支えるために
 行政書士・ボランティア・獣医師・行政の方と意見を取り交わせたらと思っております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【参加費】
500円

【申し込み】
磯子区猫の飼育ガイドライン推進協議会事務局
FAX 045-753-6606
email chiikineko@annvet.net

【申し込み〆切】
9月20日

画像


画像


終生飼育、ちゃんと飼主が看取ってお別れする事ができるのが望ましい事ですが
色々な事情でそれが困難になる事が多くなっているような気がします。

ペット(外でエサをあげている猫などでも同じです)が残されるという事は
保護する人物がいなくなる=そのペットの命に係わる事態という事です。
親兄弟がいるから大丈夫・・・と思っている方が多いかもしれませんが、残念ながら
そのたびにボランティアさんや周囲の方が大変な思いをして新たな飼い主を探さなければ・・・
という事が多く、一時的に親族が引取れたとしても飼いきれなくなるケースも多いです

今回の勉強会でその答えがすべて見つかるというものではありませんが
みんなで意見を出し合って、良い筋道が出来れば・・・考えるきっかけが出来たり、
何かの助けになればいいなと思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
緊急災害時動物救援本部
勉強会のお知らせ こゆきのぺぇじ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる