こゆきのぺぇじ

アクセスカウンタ

zoom RSS ゴマの抜歯とプリンの受難

<<   作成日時 : 2013/10/24 20:18   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

21日(月)にショコラとプリンの避妊手術が無事終了。
ショコラとは約1ヶ月ぶりの対面でしたが、もう忘れちゃったのかプリンを見てシャーだって。
プリンはシャーと言われて驚いているような感じでしたが、あんなにプリンのおなかをチューチュー吸ってたくせにひどいヤツめ。

画像

ショコラさん、ケージ使ってねとお願いしたけど、結局フリーな状態らしく、手術後はずーっとケージで鳴き続け。
もともと甘ったれなタイプではあったけど、これじぁあ万が一避難生活した時におん出されるぞ(苦笑)。

まだまだケージ=安心できるハウスというのが定着しませんね。
丸々1日閉じ込めるんじゃなく、1日のうち数時間でもケージに入れる練習をしておかないと、あっという間に今までの苦労は水の泡になるんだなーと実感しました。
案外皆さん仔猫のイタズラや大運動会に対して寛容なんですね。

ショコラは避妊の時に無事マイクロチップも入れ、最終日にはプリンを見てもシャー言わなくなって退院しました。
でも次に会ってももう分からないだろう。仲の良い姉妹といえども、案外あっさりしてるものですね。

23日(水)には延期になっていたゴマの抜歯。歯石や歯肉炎がそんなにひどかった訳ではないのですが、ちょっと虫歯っぽくなっている所もあり、年齢も13歳で体調も万全なうちに麻酔をかけた方が後々いいかなーと思ったのでした。
なんせ元気と思っていたハムちゃんも14歳で心臓疾患が見つかり、今後はよっぽどの事がなけりゃ麻酔は怖いですからね。
歯が悪くなって歯肉炎がひどくて食べれないけど麻酔はかけられない・・・という事態は回避したかったのでした。

画像

おかげさまで麻酔も安定していたし、麻酔の醒めもよく、鎮痛剤のおかげで痛みもひどくないようでした。

画像

抜いた歯も見た目にはそんなに汚くなかったしね。ついでに背中に出来ていた小さいmassも取ってもらったしスッキリ。

しかしこの日はもう一つ心配事が・・・。
朝プリンに避妊手術後の抗生剤を注射したら、急にヨダレが出て、その後頭が揺れてフラフラして、足に上手く力が入らない感じに。昼にステロイドの注射をうって症状はだいぶ改善されましたが、平衡感覚が変な感じで、まるで保護した当初のプリンに戻ってしまったようでした。

麻酔の影響にしては2日も経ってるし、抗生剤の注射も3回目だし・・・何が原因かは分かりませんが、やはり先天的に何らかの異常があり、薬物代謝や排泄に問題があって、普通は起こらない様な反応が出てしまうようです。

本猫はゴハンも食べ、今日はもう遊ぶ元気も出ていてだいぶ前の状態に戻ったようですが、何に対して反応するか分からず、原因を究明するのも難しいので、これを理解して飼ってくれる人を見つけるのは困難なのかもなぁー。
いやはやちょっとビックリでしたが、誰かに譲渡してから起きなくて良かったのかなぁ・・・。

画像

人間の病気もそうだけど、猫の病気も分からない事が多いです。
治せないものも多いけど、そこで諦めないで上手く付き合っていかないとダメなのかもしれませんね。

さ、プリンが健康に生きていけるように、何が出来るか考えよう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
緊急災害時動物救援本部
ゴマの抜歯とプリンの受難 こゆきのぺぇじ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる