こゆきのぺぇじ

アクセスカウンタ

zoom RSS ニャンとも怖い嘔吐の話

<<   作成日時 : 2012/05/20 00:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

猫はよく吐きやすい生き物だといわれます。
確かに自分で毛づくろいして毛玉を吐いたりするので、吐くといえば吐くかなーとは思いますが
「吐きやすい」って、そもそもどのくらいの頻度までが「正常」なんでしょうかね?

自分で20年以上猫を飼っていて、どの位吐くか・・・?と考えたら、月に1度吐くかはかないかかな。
吐くものは多くは毛玉。あとはドライフード。一度に食べて胃で膨らんで吐く・・・という感じ。
あとは昔はランチ、今はコグオがビニールを食べて吐いたりします。ハム蔵やゴマはベランダの草花をかじって吐くとか。でもやはり週一とか毎日なんていう風には吐かないですね。

サスケが家にいた時は、ダイエットのために高繊維のドライフードが主食で、それをがっついて食べてすぐ吐くというのを頻繁にしていましたが、フードを変えたら治まったので、フードの形状が合わなかったんですね。

嘔吐の原因もいろいろで、それこそ毛玉や食べすぎ、フードの形状が原因の事もあれば、異物を食べたり、中毒、腎臓や肝臓が原因と言うこともあります。また吐くことで食道炎を起こし、それが原因でまた吐く事もある。
あ、尿閉や便秘で力んで吐く事もありますね。

だから、ただ吐く・・・といってもどんな病が潜んでいるか分からない。まぁ元気で食欲もある状態でたまーに吐くっていうのなら様子を見てもいいのかもしれませんが、「吐きやすい生き物だから大丈夫」って事は無いので、ご注意を。

病院でも、吐く猫が来院し、異物を食べたせいかしら?と思っていたら血液検査で腎臓の値が上がっていて、よくよく考えたらオシッコがあまり出ていなかった・・・というような症例もありました。
対症療法で良くなっちゃう病気もあれば、検査をして調べてみないと分からない病気もあります。

病院行っても大した事じゃないって思われると嫌だな・・・と感じてる方が多いのかなと思います。私の知人で、ちょっとした事で行ってもお金がかかるから様子見ちゃうという人もいますが、やっぱり最悪のケースに至った場合、発見が遅れた分余計にお金がかかりますし、場合によっては命に関わるので、何でもなければ病気じゃなくてラッキーと言う事で、早期発見早期治療に努めて欲しいなぁ〜〜〜。

画像

コグちゃんはその昔、離乳の頃から食べて吐くをくり返し(でも食欲はある)、レントゲンを撮ったら食道拡張があり、しばらくは高い台を使ってゴハンを食べていました。今は普通に生活できていますが、一時は将来どうなるの?なんて思い悩んだ時もありました。

たかが嘔吐されど嘔吐なわけです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
うちのが滅多に吐かない子で、多分7歳の今まで数えるほどしか吐いてないと思います
だから、たまに吐くとびっくりします
やはり簡単に思っちゃいけませんね
本当はコワイ嘔吐の話!
タフィー104
2012/05/20 04:53
タフィー104さま
そうですよねー。猫だから吐くって単純には当てはまりませんよね。
病気も怖いけど、吐かれて汚されるのも困るなーと思う私です。
だってコグオは吐き飛ばすんですもの・・・迷惑〜(苦笑)
こゆき
2012/05/20 06:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
緊急災害時動物救援本部
ニャンとも怖い嘔吐の話 こゆきのぺぇじ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる