こゆきのぺぇじ

アクセスカウンタ

zoom RSS ごめんね、ミカちゃん。

<<   作成日時 : 2010/11/14 23:16   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

今日はいつもなら猫の譲渡会なのですが、会場の都合でお休みだったのでセミナーに行ってきました。
朝10時から夕方4時まで。お昼休みを挟んで約5時間・・・いやはや有意義な1日でした。

親も朝から出かける用事があり留守になるためミカちゃんは病院に預けたものの、
病院の出勤も獣医師だったので、体位変換はお願いしたけれどゴハンまでは頼めず
朝食べさせてから夕方迎えに行くまでおあずけ状態に。かなりぐずったみたいです。ははは。

まぁ今更半日食べないくらいでどうにかなっちゃうとは思ってませんでしたが、食べたいのに食べれないのは
辛いよね。まぁこんな事はもうない予定なのでゴメンネー。

画像

セミナーに出たついでに、ラフォーレ原宿で行われているチャリティーアートイベントに行ってみました。
"Forever Home" はホームレスペット達が新しい家族を見つけ、そこで一生愛されケアされる事を願う活動です。
アメリカの若手アーティスト達が制作したTシャツが展示販売され、売上の収益金はARKに寄付されます。
猫のTシャツはかなり売れてしまったようでしたが1枚購入。
画像

画像

関係ないけど、売り子の兄ちゃんがものすごく不慣れで大丈夫か心配になっちゃいました。

ARKはさすが代表がイギリスの方でなんていうか保護活動のノウハウを判ってる感じですよね。

先日ボランティアさんと話しをしていて、地域猫活動の行く末を考えたのですが、やはり行き着くところが
自分が活動できなくなった時に後を誰かに託せるか・・・ということ。
新しい猫が入ってこなければ外の猫だから基本10年みておけばいいかなーと思っていましたが
そんなに簡単にはいかなそうです。

5匹以下ならともかく、それ以上の数では頼みにくいですし、家に入れるのも数が多すぎます。
それを考えるとやはりシェルターが必要だなとは思うのですが、シェルターもただ入れる箱だけ考えても
ダメですしね。
寄付だけに頼らず、ある程度の収益を見込める何かを考えなければ絶対に立ち行かなくなるだろうし
シェルターの運営を継いでくれる人材も確保しなくてはならないし・・・。あんまり先の事ばかり考えず
行動してみるのも必要かもしれないけれど、それで猫を集めて破綻したら・・・と思うとね・・・。

私が猫ボランティアに関わるのは、身勝手な飼い主や自分勝手なエサやりの人と同じになりたくない
自分はそれほど動物愛護の精神がある人間ではないけれど、自分が嫌だと思っている人間と
同じにはなりたくない・・・という気持ちからなのかなーと思うので、自分で責任の取れないことは
ずるいかもしれないけど躊躇してしまいます。

もう少し具体的な計画が立てられればいいんですけどねぇ・・・自分のところを見ても
動物ボランティア団体も活動が次の代まで継続していけるかどうか、微妙だしね・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
緊急災害時動物救援本部
ごめんね、ミカちゃん。 こゆきのぺぇじ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる