こゆきのぺぇじ

アクセスカウンタ

zoom RSS てんかん発作

<<   作成日時 : 2010/05/26 22:00   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

まだまだ大丈夫と思っていたミカちゃんの体調が、坂を転がるように悪化。
何となく前兆のようなものはあったのですが、昨日からは癲癇発作のようなものを
起こすようになってしまいました。

ゴハンもよく食べるのに体重が減ってきていたのは、発作でずーっと筋肉を使っていたせいか
よく食べるってのも発作後よく見られる行動だったのかも・・・と今さらながらに思います。
軽い発作がたまに起きる位なら様子見でもいいんだけど、ミカちゃんの場合は軽いけれど
一日続いてしまって、ミカ自身も興奮状態で寝れずにイライラして疲れているみたいだし
それに付き合う私も寝れなくてヘロへロです。

つい最近、遺伝病の事をいろいろネットで調べていて「てんかん読本」なるものを発見したけど
こんなに早くお世話になるとは・・・
本当は今日は筑波の実験植物園にクレマチス展を見に行く予定だったけれど
天気が悪いから中止して本当に良かったです。休みなのに毎日病院に行く私・・・。

画像

前肢にまいた青い包帯の下には静脈カテーテルが入っていて、ここから直接注射を入れます。
青が似合わないねーと言われちゃいましたが、信号は青の方がいいからねって慰められたよ(苦笑)。

とりあえず1回ケイレンを抑える注射をうってもらった後は、レメディを使っています。
昨夜のような落ち着かない様子はなくなって、ちょっと意識レベルが遠のいている時間が増えたかな?
という気もしますが、眠れているようなので良しとします。

画像

意識が飛んでる時は眼の焦点があってないものね・・・。

でも予兆と言えば少し前、外に出るわけでもないし、シャンプーして間がないのに
前足のパットが異様に汚れ、顔もヒドイ状態でしたが、発作が関係していたのかも。

画像

画像

このような発作や意識レベルが遠くなるのは大脳の神経細胞が減ってきている為らしいのですが
どうせ先に進むだけの病なら、意識が遠くなる時間が増えて、眠るように逝けるといいのですが・・・

画像

ミカちゃんのQOLだけを考えて、残りの時間を過ごさないとね。いろんな意味で難しいけど・・・。

しかし巷では仔猫があふれるている時にまだ来ない仔猫・・・(先日の仔猫は保護主に戻したので)。
今はミカちゃんだけをかまう時期なのかしらねぇー・・・なんて言ってると来ちゃうかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
我が家のリーが癲癇を起こしているときは、突っ張った爪がキャリーにひっかかって根元から折れてしまったり、発作から解けかかったときに走り出して壁に激突したり・・・。
苦しそうな様子とは別に、収まるまでは目が離せませんでした。
いつまでも頑張る慎之介には、一日でも長生きしてほしいのに、『どうか、どこも苦しくないようにずっと眠っていてほしい』という気持ちがいっぱいでした。
ミカちゃん、症状が安定して穏やかに過ごせますよう。
koyukiさん、専門家だから大丈夫でしょうけれど、無理しすぎないでね。
リーの魔女
2010/05/27 07:26
リーの魔女様
ありがとうございます。おかげさまで昨日よりはずいぶん落ち着きました。まぁ夜中・明け方に2、3回起こされはしますが、レメディですぐ寝てくれるので一歩前進かな。
ミカちゃんは劇的な発作ではないからまだいいけれど、猫の癲癇発作は本当に見ていて辛いですよね。下手に手を出そうものなら飼い主さんが大怪我する羽目になるし。薬を使っても何してもいいから、この発作を止めてあげたいと思ってしまいます。
だんだんミカちゃんの発作パターンが見えてきたので、体も慣れてくると思います。ほんと、看護・介護って慣れですねー。
こゆき
2010/05/27 22:34
はじめまして。
よくわからない大変な病気で、お気持ちお察しします。
ミカちゃんが少しでも良い時間を過ごすことができますように。

よろしかったら、使っておられるレメディについて教えていただけますか?
うちのワンコはもう亡くなってしまいましたが、病気とわかる前に、レスキュークリームを買っていました。
当時は単に恐がりだから…と購入したもので、病気とわかってから使うなんて思いつきもしませんでした。
知人のライソゾームのワンちゃんにどうかな?と思ってお尋ねいたしました。
よろしくお願い致します。
noe
2010/05/28 15:01
noe様
はじめまして。コメントありがとうございます。
お友達のワンちゃんがライソゾーム病なんですか・・・。
ワンちゃんの介護は大変ですよね。
レメディに関しては、たまたま私の勤める動物病院の院長がホメオパシーの勉強をしていたので使っています。ホメオパシーについては「ホメオパシージャパン」のHPを見ていただければ説明がされていますが、私としては言い方は悪いですが半分くらいは「信じるものは救われる」という気持ちで使っています。
ミカがこの病気になってライソゾーム病について色々調べましたが、結局のところ有効な治療法はなく、対症療法しか出来ないようなので、色々な薬を使って副作用などの心配をするよりは、副作用の無い、本人の自然治癒力を引き上げる物を使用するほうが体に負担が無く、なおかつ(これも言い方が悪いかもしれませんが)飼い主側が何かしてあげているという気持ちにもなれる・・・と思っています。ただ、実際にミカはレメディに良く反応して、今まで維持してきましたので、特効薬が無い病気には(飼い主側の気持ちが楽になると言う意味も含めて)有効なのかもしれません。
私も詳しく勉強していないのですが、ミカの場合はその時その時で処方が変わっているので、「この病気だからこのレメディ」と言うのではないようです。
あと、大学の先生に「この病気での延命は意味が無く、最後に苦痛を味あわせるだけ」とアドバイスされていて、いろいろ葛藤はありますが、レメディを使うのであれば、いわゆる延命処置とはまた違うから許されるかなと・・・言う気持ちでもあります。
あまりお役に立てる回答になっていなくてすみません。
こゆき
2010/05/28 23:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
緊急災害時動物救援本部
てんかん発作 こゆきのぺぇじ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる