こゆきのぺぇじ

アクセスカウンタ

zoom RSS 人と動物の共通感染症

<<   作成日時 : 2009/10/12 23:13   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は飯田橋まで「人と動物の共通感染症」についてのセミナーを聞きに行きました。

最近動物から人にうつる病気についての問い合わせが多く(イタズラ電話っぽいのも含め)
あったため、いい機会だから勉強しなおそうと思ったのですが、セミナーの内容としては
やや初級編といった感じでイマイチでしたが、その時に見せてもらった厚生労働省で作ったという
狂犬病についてのDVDが衝撃的でした。

狂犬病は日本1950年に狂犬病予防法が公布され、発生予防のために犬の登録・予防注射の義務化
が法律によって定められたおかげで、1957年以来は国内での発生は認められていません。
(ただし海外で感染し国内で死亡した例は1970年と2006年にあり。)

しかし全世界的に見ると狂犬病発生がない国はわずかで、お隣の中国・韓国でも発生が見られ
特に中国などはインドについで狂犬病による死者数が多いところのようです。

狂犬病は全ての哺乳類が感染するため、欧米などでは野生動物からの感染などにも対処しなければ
ならないけれど、そのぶん犬や猫などへの予防接種はかなり浸透しているみたいです。

中国での死者数増加は、ペットの犬が増えたにもかかわらず、公衆衛生意識の遅れがあり、
狂犬病予防注射を接種しているのが全体の20%にも満たない事が原因らしい・・・。

狂犬病の予防接種を受けさせてさえいれば防げるのに・・・と思いますが、日本も他の国の事は
言っていられませんよね。今現在の日本で狂犬病の予防注射・登録をしていない犬のなんと多い事か!
狂犬病の予防接種は法律で義務付けられているので、飼い犬に接種させていない人は法律違反者です。
でもそういう自覚はないんでしょうねぇ・・・。

セミナーで見た狂犬病のDVDでは、4歳の少年が犬に噛まれ、狂犬病を発症し、病に冒されて
死んでいく様子が映されていました。DVDのナレーションで、
「狂犬病は犬に予防接種を受けさせさえすれば防げる病なのに、間違った動物愛護感や
わがままな飼い主によって普及せず、このように幼い少年が犠牲になっている・・・」
というような事を言っていました。

50年以上前の映像でしたが、その言葉を聞いていて、人間ってホント変わらないんだなぁと
なんだか情けなくもなりました。

人と動物の共通感染症について詳しくはこちら→http://www.forth.go.jp/mhlw/animal/

画像

狂犬病は猫にだって感染するから、海外に猫を連れて行く時にはちゃんと狂犬病の予防注射を接種します。
とらおは海外に行く事は・・・ないかな?無事日本のお家にもらわれていきました。
相変わらず「わるお」みたいだけど(苦笑)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
緊急災害時動物救援本部
人と動物の共通感染症 こゆきのぺぇじ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる