こゆきのぺぇじ

アクセスカウンタ

zoom RSS つくすタイプ?

<<   作成日時 : 2009/01/19 23:24   >>

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

私は自分で言うのもなんだけど、けっこうお世話好きなのかなと思う。
世話する相手が人間じゃないのが玉に瑕なんだけど(笑)。

最近の私のお世話相手はもっぱら入院中のテバサキ君。
テバサキ君は「地域猫」で入院費を負担してくれるボランティアさんはいるけれど
飼い猫ではないので、最小限の治療で頑張ってもらっている状態です。

昨年12月から入院中で早1ヶ月・・・
病院では抗生剤とステロイドの投与で口の痛みを抑え食欲を維持している状態。
でも一進一退を繰り返しているので、口が痛くても食べられるフードを求めて歩き回りました。
我が家の猫は常に処方食のダイエットフードを食べているので、美味しい猫缶を買えるのは
密かな楽しみだったりします。(我が家の猫には悪いけど)

抗生剤もステロイドもテバの難治性口内炎には反応がイマイチなので、ダメもとで
インターフェロンの点鼻、口腔内に作用する別の抗生剤、そしてサプリメントを併用してみました。
サプリメントは初乳から作られる「ラクトフェリン200」を使用。
以前、我が家のランチにも使用していたもので効果のほどは良く分からなかったのですが
とりあえず害のないものだったので試して見ました。

で、結果としてインターフェロンが効いたのか、抗生剤が効いたのか、サプリメントが効いたのか
分からないけれどかなり状態は良くなり、体重も200gUPしました。
この調子が続くようならステロイドの量を減らしてみようかなと思っています。

ステロイドの量を減らして調子が悪くならなければ、次はホメオパシーのレメディもいけるかも・・・
なんて計画しています。レメディで維持できれば、社会復帰も夢じゃないかも?!
なにより副作用がないのが魅力的。

それにしても。毎日猫缶パウチ2個以上とドライフード50g位食べているのに
1週間に2回(2日分)の排便しかしないテバちゃん。燃費が良いエコ体質なのかしら。
それだけ体が消耗しているとも言えるけど、ちょっと驚きです。

それにしても、サスケのダイエットは健康の為とはいえ、見てて少々かわいそうな気もしたけれど
とにかく食べさせて体重を増やす努力をすればいいのって、けっこう楽しい。
この誘惑に一般飼主さんは勝てずに、世の猫たちはおデブになっていくのだなぁ(笑)。

画像


サスケもダイエットはまだ継続中だけど、食欲魔猫なのを除けば健康体。
一応、私がつくした結果です(笑)。

テバも頑張って健康になろうねー。入院中はお世話係りに徹しますので。
(半分私の楽しみも混じっているけど、気にせずに・・・)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
緊急災害時動物救援本部
つくすタイプ? こゆきのぺぇじ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる